スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
がん保険。気になるがん保険のこと。
 

「がん保険」。気になるがん保険のこと。

 

がんのこと。毎日のようにニュースで聞きますよね。あまり嬉しくないニュース。

 

でも、がんは1980年以来、日本人の死因トップを走り続けるのだと聞けば、それも不思議なことではないのかもしれません。ニュースでは2015年には2人で1人ががんで死ぬなどと。

 

いつ誰ががんになってもおかしくない状態なのですね。だから万が一がんになってしまったら、そう考えるとがんになってしまった時に備えて、がん保険に入ることを考えなければいけないようです。

 

がんという見えない敵に立ち向かう。それには、自分の身を守る準備も必要です。がんから自分の身を守る準備、それが、がん保険にはいることなのですね。そう考えるとがんが増え続ける今、がん保険加入は常識なのかもしれません。

 

がん保険が初めて日本に登場したのは1974年。増大し続けるがんに苦しむ社会を見据え、がん保険の発売を始めたのは外資系の保険会社「アフラック」でした。

 

日本ではがん保険の販売は規制により長らく外資系保険会社が独占していました。ですから、アフラックの販売シェアがなんと85パーセントなどという時期もありました。

 

2000年に規制緩和が行われると、日本の保険会社もこぞってがん保険市場に進出、がん保険は保険業界のキー商品となりました。

 

その結果、取り扱う保険会社が増えたことで、がん保険は激しい競争に突入することになりました。

 

がん保険を扱う保険会社はそれぞれ特徴のあるがん保険を販売するようになりました。その結果、がん保険加入を検討している人にとっては有利な魅力あるがん保険もいろいろでてきました。

 

がん保険は保険の対象をがんに絞り込んでいるため、医療保険よりも保険料の負担がずっと少なくてすみます。それにもかかわらず、がんと診断された時には大きな保障を享受できるようになっています。いまやがん保険は入らないと損!といったところにまできているのですね。

 

まだ若く、働き盛りの人はがん保険の必要性をいまひとつ感じられないかもしれません。でも、そんな人にこそ入ってほしいと思うのが、がん保険です。

 

何故って、がんはなんの前触れもなくやって来るからです。

| yukiasoh | 11:42 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:42 | - | - | pookmark |
Comment